JUGEMテーマ:

あなたは愛する人とじょうずに別れられますか?

 

どんな人にとっても、離婚は大きな苦しみをもたらす人生の一大危機です。

 

離婚するということは、簡単にいえばふたりのうちの片方もしくは両方が、結婚という形態をとって一緒に暮らすことをやめようと決断すること。そこには当然、悲しみや怒りや不安などを感じます。

 

築きあげてきたものが崩壊することこそ、離婚に関するネガティブな感情のわき起こる根源となっています。そのときに、生まれたときからそなえている力をプラスに使うか、マイナスに使うかは、あなたのものの見方や考え方しだい。ということは、基本的には、離婚といえども人間関係の形が変化することにすぎず、見方を変えれば新しい生活を始めるいい機会だともいえるのです。

 

結婚するときに、将来離婚することを考えている人など、まずいないでしょう。誰でも幸せになりたくて結婚するはず。しかしながら、あなたのものの見方や考え方があやまっていると、幸福になるはずの結婚が憎しみや争いのもとになってしまいます。

 

多くの場合、ふたりの問題は相手をコントロールしようとするところから始まります。その大きな原因としては、相手と一緒に暮らすことによって、自分が慢性的に抱えている問題が解決され、人生が安心感に包まれるだろうと思ってしますことがあげられます。

 

言うまでもなく、現実は期待や希望とは無関係。結婚であってもなくても、男女の新しい関係が始まるとき、将来にわたってふたりがともに成長していけるのか、それとも袂を分かつことになるのか、誰もわからないのです。

 

ひとつだけはっきりとしているのは、幸福や安心感のみなもとが自分の内部にあると考えている人は、幸福な結婚生活を築ける可能性が高いということ。逆に、人や場所やものなど自分以外にあると考えている人はみじめな結果となり、離婚する可能性が高いということです。

 

コメント
コメントする