JUGEMテーマ:

「いまを生きている喜びを、全身で体験しましょう」

 

「あなたが生きることができるのは、”いま”という瞬間だけです。あなたがいまいるその場所で、いまこのとき、だけなのです、ほかの場所でほかの「時」を生きることはだれにもできません。ひとりで座って静かに瞑想すれば、その”いま”と”ここ”を感じさせてくれます。

 

瞑想といっても、むずかしく考える必要はありません。ひとりだけになれる静かな場所があればそれでいいのです。静けさにひたり、雑念を払い、体と心をリラックスさせて、ゆっくりと呼吸してください。

 

そのうちに、体と心に一種の快感を感じてきます。それを言葉で表現すれば、「神の愛を感じる喜び」とか「宇宙を感じる喜び」とか、いろいろあると思いますが、表現方法はどうでもいいのです。とにかく、そうしていると心が平和になり、直感力が増して「英知」とでも呼べるものがわいてきます。

 

そのまま、その平和な心と直感力が全身のすべての細胞一つひとつにいきわたり、しみこんでいくさまを思い描いてください。特別なことを、どうこうしようとする必要はありません。じっと、自分の体と心に聞き耳をたてるのです。心を静めて自分を感じられるように、あなたにいちばん合ったやり方を見つけてください。」

 

とあります。

 

僕は幼少期からなんとなく瞑想をしてました。

 

家の廊下側に寝そべり雲を見上げ、

 

物思いに耽っていました。

 

神の愛は感じたことはありませんが、

 

宇宙はいつも感じていました

 

宇宙と一つである感覚は幼少のころから持っていました

 

それがある意味で間違いでない

 

とこの本は勇気づけてくれました

 

皆様も瞑想、試して下さい。

 

コメント
コメントする